ポケモン危機一髪!ポケモン参加リスト

ノーマルタイプ
f:id:yuchama0920:20170704135708g:plain

ほのおタイプ
f:id:yuchama0920:20170704140525g:plainf:id:yuchama0920:20170704140533g:plainf:id:yuchama0920:20170704140537g:plain

みずタイプ
f:id:yuchama0920:20170704140849g:plainf:id:yuchama0920:20170704140853g:plainf:id:yuchama0920:20170704140857g:plainf:id:yuchama0920:20170704140906g:plainf:id:yuchama0920:20170704151813g:plainf:id:yuchama0920:20170704151817g:plainf:id:yuchama0920:20170704151828g:plainf:id:yuchama0920:20170704140910g:plain

でんきタイプ
該当なし

くさタイプ
f:id:yuchama0920:20170704141549g:plainf:id:yuchama0920:20170704141554g:plainf:id:yuchama0920:20170704141557g:plainf:id:yuchama0920:20170704152458g:plainf:id:yuchama0920:20170704152501g:plainf:id:yuchama0920:20170704141601g:plainf:id:yuchama0920:20170704152540g:plainf:id:yuchama0920:20170704152815g:plainf:id:yuchama0920:20170704141605g:plainf:id:yuchama0920:20170704141609g:plainf:id:yuchama0920:20170704141613g:plainf:id:yuchama0920:20170704141617g:plainf:id:yuchama0920:20170704141620g:plainf:id:yuchama0920:20170704152945g:plainf:id:yuchama0920:20170704141624g:plainf:id:yuchama0920:20170704152941g:plainf:id:yuchama0920:20170704153107g:plainf:id:yuchama0920:20170704153115g:plainf:id:yuchama0920:20170704153133g:plainf:id:yuchama0920:20170704153149g:plainf:id:yuchama0920:20170704141628g:plainf:id:yuchama0920:20170704141631g:plainf:id:yuchama0920:20170704153437g:plainf:id:yuchama0920:20170704153447g:plainf:id:yuchama0920:20170704141635g:plainf:id:yuchama0920:20170704141641g:plainf:id:yuchama0920:20170704153610g:plainf:id:yuchama0920:20170704141646g:plainf:id:yuchama0920:20170704141652g:plainf:id:yuchama0920:20170704141656g:plainf:id:yuchama0920:20170704141659g:plainf:id:yuchama0920:20170704153646g:plainf:id:yuchama0920:20170704141702g:plainf:id:yuchama0920:20170704153704g:plainf:id:yuchama0920:20170704141706g:plainf:id:yuchama0920:20170704141709g:plain

こおりタイプ
f:id:yuchama0920:20170704154627g:plainf:id:yuchama0920:20170704142011g:plainf:id:yuchama0920:20170704142014g:plainf:id:yuchama0920:20170704142021g:plainf:id:yuchama0920:20170704142017g:plainf:id:yuchama0920:20170704142026g:plainf:id:yuchama0920:20170704142031g:plain

かくとうタイプ
f:id:yuchama0920:20170704142302g:plainf:id:yuchama0920:20170704142315g:plainf:id:yuchama0920:20170704142322g:plainf:id:yuchama0920:20170704142325g:plainf:id:yuchama0920:20170704142328g:plainf:id:yuchama0920:20170704142335g:plainf:id:yuchama0920:20170704142340g:plainf:id:yuchama0920:20170704142457g:plain

どくタイプ
該当なし

じめんタイプ
f:id:yuchama0920:20170704143323g:plainf:id:yuchama0920:20170704143334g:plainf:id:yuchama0920:20170704143342g:plainf:id:yuchama0920:20170704143347g:plainf:id:yuchama0920:20170704143350g:plainf:id:yuchama0920:20170704143355g:plainf:id:yuchama0920:20170704143403g:plainf:id:yuchama0920:20170704143407g:plain

ひこうタイプ
f:id:yuchama0920:20170704143827g:plainf:id:yuchama0920:20170704143838g:plainf:id:yuchama0920:20170704143845g:plainf:id:yuchama0920:20170704143848g:plainf:id:yuchama0920:20170704143905g:plainf:id:yuchama0920:20170704143913g:plainf:id:yuchama0920:20170704143917g:plainf:id:yuchama0920:20170704143924g:plainf:id:yuchama0920:20170704143930g:plainf:id:yuchama0920:20170704143936g:plainf:id:yuchama0920:20170704155545g:plainf:id:yuchama0920:20170704143942g:plainf:id:yuchama0920:20170704143949g:plainf:id:yuchama0920:20170704154342g:plainf:id:yuchama0920:20170704143955g:plainf:id:yuchama0920:20170704143958g:plainf:id:yuchama0920:20170704144010g:plainf:id:yuchama0920:20170704144015g:plainf:id:yuchama0920:20170704144021g:plainf:id:yuchama0920:20170704144027g:plainf:id:yuchama0920:20170704144033g:plain

エスパータイプ
f:id:yuchama0920:20170704142929g:plainf:id:yuchama0920:20170704142936g:plainf:id:yuchama0920:20170704142941g:plainf:id:yuchama0920:20170704142945g:plainf:id:yuchama0920:20170704144248g:plainf:id:yuchama0920:20170704142949g:plainf:id:yuchama0920:20170704142955g:plainf:id:yuchama0920:20170704142959g:plainf:id:yuchama0920:20170704143002g:plainf:id:yuchama0920:20170704143006g:plainf:id:yuchama0920:20170704143010g:plainf:id:yuchama0920:20170704154342g:plainf:id:yuchama0920:20170704144353g:plainf:id:yuchama0920:20170704143019g:plainf:id:yuchama0920:20170704144021g:plainf:id:yuchama0920:20170704143025g:plain

むしタイプ
f:id:yuchama0920:20170704144617g:plainf:id:yuchama0920:20170704144627g:plainf:id:yuchama0920:20170704144633g:plainf:id:yuchama0920:20170704144638g:plainf:id:yuchama0920:20170704144641g:plainf:id:yuchama0920:20170704144647g:plainf:id:yuchama0920:20170704144659g:plainf:id:yuchama0920:20170704144703g:plainf:id:yuchama0920:20170704144620g:plainf:id:yuchama0920:20170704144706g:plainf:id:yuchama0920:20170704144714g:plainf:id:yuchama0920:20170704144720g:plainf:id:yuchama0920:20170704144729g:plainf:id:yuchama0920:20170704144748g:plainf:id:yuchama0920:20170704144804g:plain

いわタイプ
f:id:yuchama0920:20170704144941g:plainf:id:yuchama0920:20170704144947g:plainf:id:yuchama0920:20170704155738g:plainf:id:yuchama0920:20170704144955g:plainf:id:yuchama0920:20170704144958g:plainf:id:yuchama0920:20170704155835g:plainf:id:yuchama0920:20170704155853g:plainf:id:yuchama0920:20170704145006g:plainf:id:yuchama0920:20170704155936g:plainf:id:yuchama0920:20170704145018g:plainf:id:yuchama0920:20170704145025g:plainf:id:yuchama0920:20170704145034g:plainf:id:yuchama0920:20170704145041g:plainf:id:yuchama0920:20170704160000g:plainf:id:yuchama0920:20170704145058g:plain

ゴーストタイプ
f:id:yuchama0920:20170704145234g:plainf:id:yuchama0920:20170704145248g:plainf:id:yuchama0920:20170704145257g:plainf:id:yuchama0920:20170704145303g:plainf:id:yuchama0920:20170704145311g:plainf:id:yuchama0920:20170704145315g:plainf:id:yuchama0920:20170704145326g:plainf:id:yuchama0920:20170704145331g:plainf:id:yuchama0920:20170704145338g:plainf:id:yuchama0920:20170704145347g:plainf:id:yuchama0920:20170704145353g:plainf:id:yuchama0920:20170704145400g:plain

ドラゴンタイプ
f:id:yuchama0920:20170704145431g:plainf:id:yuchama0920:20170704145440g:plainf:id:yuchama0920:20170704145443g:plainf:id:yuchama0920:20170704151952g:plainf:id:yuchama0920:20170704145510g:plainf:id:yuchama0920:20170704145515g:plainf:id:yuchama0920:20170704150816g:plain

あくタイプ
f:id:yuchama0920:20170704145601g:plainf:id:yuchama0920:20170704151900g:plainf:id:yuchama0920:20170704145606g:plainf:id:yuchama0920:20170704145609g:plainf:id:yuchama0920:20170704151817g:plainf:id:yuchama0920:20170704145616g:plainf:id:yuchama0920:20170704145624g:plainf:id:yuchama0920:20170704151952g:plainf:id:yuchama0920:20170704151828g:plainf:id:yuchama0920:20170704150816g:plain

はがねタイプ
該当なし

フェアリータイプ
f:id:yuchama0920:20170704145751g:plainf:id:yuchama0920:20170704150925g:plainf:id:yuchama0920:20170704154142g:plainf:id:yuchama0920:20170704145818g:plainf:id:yuchama0920:20170704145830g:plain

ゴリラマスター(一般ポケモン)

A130以上


c130以上

【制限ダブル】プリティプリマスタン

はじめに

お久しぶりです。
最近ポケモンを真面目に取り組めてなかったのですが、7世代になって初めての制限ダブルがあるということで参加してきました。(ルール詳細Pokémon Global Link)
この記事を見てこのルールをやる人がいないと思われるため調整の詳細は省いて、考えていたことを書ければなと思っています。

構築経緯

構築が組むのが苦手な僕は基本的に1から構築を組むことができません。そこで、環境調査をしメタを貼ることで構築を組むことを決めました。
本番の3日前位にTwitterやブログなどで強いポケモンのリストアップをしていたのですが、らきさんのブログ(【プリティ・プリマ】クソモンテンプレ集【SD環境報告】 - 人生=詰みサイクル)
が目に入り、これを基に考察することにしました。
らきさんにアドバイスをいただいたところ

この4体の並びが強いと聞き、SDで残りの2枠を考察しました。
しかし納得できる2体が見つからず、更にコンボパの扱いに慣れていなくて選出を幅広くできない僕にとってこの構築を使うのは難しいと考え、メタる側に回ろうと決心しました。

使用構築


パーティー詳細

ドンカラス

性格 いじっぱり
実数値 175-194-72-112-73-123
特性 自信過剰
持ち物 命の珠
 ブレイブバード 不意打ち 馬鹿力 守る

このルールはシャンデラに強く出れて、悪戯心を受けない悪タイプが強いと思っていて飛行の通りも良いと考えたので採用しました。
不眠の可能性もあるため眠り粉を打ちづらいのも良いですね。+1不意打ちでドリュウズ確定1発など火力も十分あり、全抜き性能も持っています。
ただ、ミミッキュが環境に思ったよりも多くて何もせず死ぬこともあり丁寧に扱う必要がありました。

シャンデラ

性格 臆病
実数値 135-×-110-197-111-145
特性 貰い火
持ち物 きあいのタスキ
 シャドーボール 熱風 守る エナジーボール

苦手なコータスを貰い火で受けに行くことができ、襷を持たせることであらゆるストッパーとしての役割をしていま
した。
最速の理由はミラーで不利を取りたくなかったからです。
トリックルームを切りエナジーボールを持たせることでトリトドンマリルリヨワシなど水タイプに少しでも打点を持たせました。
熱風を外して負けることもあったので、火炎放射でも良かったかも知れません。

ベトベトン

性格 いじっぱり
実数値 206-172-101-×-121-71
特性 くいしんぼう
持ち物 マゴのみ
 どくづき はたき落とす かげうち 守る

ドンカラスの欄でも説明しましたが、悪タイプは強いということでフェアリーと戦える悪タイプとしての採用をしました。
半分回復きのみを持たせることで場持ちを良くしました。
本ROMは挑発を持たせていましたが、ミリ耐えされた時や襷を持っているシャンデラカミツルギなどを縛れる可能性も含めてかげうちに変えました。
これは正解で幅広い選択が取れるようになりました。
このポケモンに挑発を持たせてトリル対策をするのは間違っていました。

ハギギシリ

性格 ようき
実数値 143-157-90-×-91-158
特性 頑丈顎
持ち物 拘りスカーフ
 滝登り アクアジェット サイコファング 噛み砕く

ルチャブルドリュウズなどをワンパンすることができ素でドリュウズより速いためスカーフドリュウズでも倒せる優秀なお魚さん。
HBに振り切った以外のモロバレルもワンパンすることができサイコファングの威力は十分でした。
ただ、環境を読み間違えて思ったよりもルチャブルがいなかったことやカミツルギミミッキュが多かったことがかなりの向かい風となっていました。
アクジェと噛み砕くが活躍した試合は両方とも本ROMサブロム合わせて1試合ずつしかなく、厳選が面倒ですがめざ炎で採用すれば良かったと後悔しています。
後水タイプとして採用したのにも関わらず、コータス入りのガチトリルに対して絶対選出できないことから炎の一貫をシャンデラでしか切れずコータスが重たくなってしまいました。
ただ刺さっている時は異常に刺さっていてこのポケモンだけで勝った試合もあり使っていて楽しかったです。

カットロトム

性格 ひかえめ
実数値 157-×-128-165-129-112
特性 ふゆう
持ち物 お盆のみ
 10万ボルト 鬼火 守る リーフストーム

通話でドリュウズカミツルギに弱くなく、マリルリに強いポケモンを探していたところこのポケモンに行き着きました。マリルリバレルの並びにも強く出した試合はある程度活躍してくれました。
元々鬼火の枠はめざ炎だったのですが、個体準備が間に合わなかったことミカルゲベトベトンへの有効打がパーティーにあまりなかったことを考慮しギリギリで鬼火に変更しました。
唯一カミツルギに圧倒的有利を取れるポケモンだったのにも関わらず、めざ炎を外したことで処理速度が落ちカミツルギが重くなってしまう原因となりました。
鬼火はミミッキュなどにも打てて強かったですが、やはり命中不安でもあるのでめざ炎1択だったと反省しています。
試合中思いついたのですがこのルールはスピンロトムも強く普段使われないロトムが活躍する面白いルールだなと思いました。

ドリュウズ

性格 ようき
実数値 185-187-80-×-86-154
特性 型破り
持ち物 地面Z
 地震 アイアンヘッド ドリルライナー 守る

言わずと知れず環境の中心となるポケモン。鋼枠はカミツルギとの選択になりますが、カミツルギは不意の炎技が怖かったのでドリュウズを選択しました。
型破りなので味方にも地震が当たってしまうことが嫌だったので地面Zとドリルライナーで単体への打点を持たせました。いわなだれはミリ耐えした浮いているポケモンを倒したいときしか必要と思わなかったので正解だったと思われます。
やはりこのポケモンもミラーがよく起きると思ったので最速で採用しましたが肝心なところで同速対決によく負けていました。

対戦後の感想

僕のメタ対象が上位陣だったのに対して、このルールをあまり考察せず持っているポケモンで構築を組もうとしている人が多く見られました。
カミツルギミミッキュコータスこの辺がそれに当たります。7世代から始めたトレーナーにとってドリュウズは教え技が必要ですし、僕の対戦相手は圧倒的にカミツルギが多かったです。
コータスに必須だと思われる大地の力(シャンデラへの有効打)も6世代での教え技に加えて特性カプセルを使わないといけないため採用してる個体は明らかに少なかったです。
これにより17越えの人達にはある程度勝率を残せたにも関わらず、1500台の人に結構負けてしまい20戦くらい1700台で止まり続ける原因となってしまいました。
最近ダブルをやっていなかったこともあり自分のプレイングに自信を持てなかったことがこのような結果を生んでしまったと思いました。
ただ面白いルールであることに変わりはなく、いい結果を出せませんでしたが 楽しくポケモンすることができました。

さいごに

本ROMは途中で諦め、サブロムは最終1758で中途半端なレートとなってしまい、かなり悔しい思いがしたのでまたこういう機会があるときはもっと積極的に参加していこうと思います。
ここまで見ていただきありがとうございました。

【全国ダブル】リザバナ【最高/最終2000】 

はじめに

お久しぶりです。ゆうちゃまです。
6世代はトリプルメインで活動していましたが、悲しいことになくなってしまいました。
なので違うルールをせざるをえなかったので全国ダブルをすることにしました。
そしてようやく実績といえる結果を残せましたのでブログを書くことにしました。

パーティー紹介

f:id:yuchama0920:20170322152310j:plain

個別解説

f:id:yuchama0920:20170322150826g:plain
リザードン

性格 ひかえめ
実数値 181-×-98-232-135-125
特性 猛火/日照り
持ち物 リザードンナイトY
 熱風 炎の誓い 追い風 守る

s最速バンギ抜き

構築の軸となるポケモン。ガルーラの弱体化のおかげでワンパンされることが減り、簡単に高火力をぶつけることができるようになりました。
自身に追い風を仕込むことにより、天候の取り合いや相手の追い風に対する切り返しができるようになりかなり使いやすかったです。
ただ、環境にスカーフランドロスが非常に多く立ち回りが窮屈になってしまう場面もありました。なのでもっとbに割いて岩雪崩を耐えることも考えましたが、結局怯みは伴ってしまうので断念しました。
炎技2枚で打ち分けることができる点もかなり優秀で火炎放射より威力の低い炎の誓い採用もあまり気にならなかったので正解だったと思われます。
ヒードランが環境に増えるのであればめざ地も一考です。

f:id:yuchama0920:20170322150902g:plain
フシギバナ

性格 おくびょう
実数値 155-×-103-152-121-145
特性 葉緑素
持ち物 命の珠
 眠り粉 ヘドロ爆弾 草の誓い 守る

csぶっぱ

元々はスイッチトリルでのリザ運用だったため入っていなかったのですが、フェローチェが重すぎたため仕方なく採用したらかなりハマりました。
カプ系に関してはレヒレ以外をワンパンすることができ、驚異的なsからリザへのトスを行うこともできる上、眠り粉でのごまかしも可能です。
コケコ、レヒレがパーティーにいるのに催眠に疑問を感じるかもしれませんが、初手で一緒に出すことはまずなく眠り粉連打しないといけないわけでもないためあまり気になりませんでした。
(2000チャレンジで眠り粉外して初手降参になったので慎重に扱いましょう)
選出に関してはヒードランや他の天候(雨は例外)がいるときは殆ど出せないですし刺さってるパーティーに出していく感じです。ミラーにはリザに眠り粉を打ちましょう。

f:id:yuchama0920:20170322150928g:plain
カプ・コケコ

性格 おくびょう
実数値 145-×-105-147-96-200
特性 エレキメイカー
持ち物 電気Z
 10まんボルト 放電 マジカルシャイン 守る

csぶっぱ

高いsから高火力を出せるポケモンとして採用しました。電気Zでほとんどのガルーラ、ヒードランをワンパンすることができ、環境に多く存在するレヒレもワンパンすることができかなり優秀でした。
ただ、ランドロスが多すぎたためリザコケコで入れなくて受け出しできるポケモンでもないため高レート帯ではお留守番が多かったので変更ありな枠だと思います。

f:id:yuchama0920:20170322150942g:plain
カプ・レヒレ

性格 ひかえめ
実数値 176-×-135-154-150-114
特性 ミストメイカー
持ち物 ウイのみ
 ムーンフォース 熱湯 瞑想 守る

h4n s準則バンギ抜き、s+2最速フェローチェ抜き抜き

1番のMVPですね。選出率もほぼ100%でどのパーティーにも刺さってました。sに結構割くことで上から瞑想を積むことができ相手への詰め筋としてかなり活躍してくれました。特にリザバナが呼ぶヒードランに対して圧倒的な強さを見せるのでヒードランを起点に積むことが多かったです。
しかし、リザードンの影響により水打点が乏しくなってしまうので注意が必要です。
あとZ技を1番打たれるのでしっかり読んで守るをしましょう。

f:id:yuchama0920:20170322150913g:plain
ランドロス

性格 いじっぱり
実数値 165-216-110-×-100-143
特性 威嚇
持ち物 拘りスカーフ
 岩雪崩 地震 馬鹿力 とんぼ返り

asぶっぱ

威嚇で物理を牽制したり、高速アタッカーを上から倒したりしてました。
スカーフランドロスミラーに勝ちたかったためスカーフで採用しましたが、それなら陽気の方が良かったかもしれません。
陽気だとフェローチェも抜けますしね。
特に言うことがないのでこの辺で。

f:id:yuchama0920:20170322150849g:plain
ギルガルド

性格 ひかえめ
実数値 135-×-170-112(222)-171-112
特性 バトルスイッチ
持ち物 気合の襷
 シャドーボール ラスターカノン ワイドガード キングシールド

csぶっぱ

岩雪崩に弱い構築なのでワイガ枠としての採用です。行動保証を持たせるため、追い風とのシナジーでsをあげたかったために襷を持たせました。読まれなくて非常に強かったです。
エルゲンに対してもむちゃくちゃ強かったです。
ブレードフォルムでも簡単に居座ることもでき、保険をかけながらの攻撃ができるようになり不意の事故が少なくなったように思います。
7世代でもギルガルドは使っていきます。

選出

NewCHALK

+@1

ガルクレセorランドクレセがよく初手に来るので威嚇を入れつつリザードンで場を荒らします。
レヒレをうまいこと詰めることができれば勝てます

5:5

バンドリマンダ

+

バンギマンダがよく初手に来るのでランドレヒレでアドを取っていきます。リザードンで追い風を貼ることができればほとんど勝てます。

6:4

+@2

どんな雨エースかにもよりますが基本的にはレヒレが刺さってるので、大事に使うことを心がけます。
雨の裏にランドが刺さることが多いので比較的選出率は高くなります。

5.5:4.5
(ただし雨エースが雨乞いを持っている場合4.5:5.5となります)

エルゲン

+@1

基本的には初手でエルフーンに集中して倒し、追い風が切れてからランドで締める形をとります。
初見では絶対負けません。

8:2

その他

@2
天候がいない、ヒードランがいない
この2つが重なればリザバナ選出となります。
基本選出リザバナではなく、刺さっているパーティーにのみ出すピンポイント採用だと思って欲しいです。
ただリザバナで出せる試合はほとんど勝てます。

こういうパーティーにはどう選出するの?という疑問がありましたらゆうちゃままでご連絡ください。

まとめ

6世代ではほとんど実績が残せなく、不甲斐ない思いをしたので7世代では何か残そうと思ってたところでトリプル、ローテが廃止。
2ルールとも得意ルールだったのでかなりショックを受けました。
その時TLを見ているとトリプル勢がダブル頑張ろうというようなツイートを発見。僕もダブルやるべきなのかなーと思ってました。
その中でダブル勢が所詮はトリプル勢だし上位には来れないでしょ(表現に違いはあります)的なことを言っていた記憶があります。
その時絶対ダブルで結果を残すと誓いました。
結果最終2000を達成できて非常に嬉しく思います。
まだWCSでは全然結果が残せてないのでWCSでも結果が残せるよう頑張りたいですね。
全国ダブルもこのままで満足せず1ページ、1位を狙っていきたいと思います。
ではこの辺で。

f:id:yuchama0920:20170323193102j:plain

バトルツリー100連勝構築

7世代が始まりましたね。新しい環境でものすごく面白くてかなりモチベが高く、ずっとポケモンやっています。そんな中バトルツリー100連勝を達成いたしましたので、その構築を紹介します。




この3匹です。(画像大きくね?)

では個別に紹介します。

・カプコケコ
臆病cs 拘り眼鏡持ち
10まんボルト
ボルトチェンジ
マジカルシャイン
くさむすび

・カプテテフ
控えめcs 命の珠持ち
サイコキネシス
ムーンフォース
めいそう
きあいだま

ギャラドス
意地っ張りas ミズZ持ち
たきのぼり
りゅうまい
じしん
こおりのきば


◼︎立ち回りについて
130族のカプコケコを先頭に置きます。
一撃で倒せそうなら10まん、マジシャなどでつっぱり
無理そうならボルチェンからのギャラドスに繋ぎます。
電気無効のポケモンがいてもギャラドスに引きます。
ガブリアスメガシンカなら確定で耐えられますし、スカーフ個体も存在するので素直にギャラドスに引きましょう。
もしギャラドスに引いたあと、余裕があるならギャラドスでりゅうまいを積み3タテを狙います。
正直やることはこれくらいなのでとても簡単にBPが稼げました。

◼︎注意するポケモン
・地面+鋼
例えばダグトリオドリュウズですね。誰も受かりませんし有効打がギャラドスくらいしか持ってません。
なので地震読みでギャラドスを繰り出すか死に出しでギャラドスを繰り出しましょう。

・電気+鋼
例えばジバコイルやトゲデマルですね。ジバコイルに関してはカプコケコでボルチェンからのギャラドスに繋ぎラスカノを打ってくれることを祈りましょう。
トゲデマルは基本的に無理なのですが、よくわかんない技構成がしていたのでなんとかなりました。

ハピナスなどの特殊超耐久
ギャラドスしか物理技を持っていない上ハピナスは電気技を持っていることが多いです。ギャラドスのZたきのぼりで削ってカプテテフ圏内に入れましょう。きあいだま連打しないと勝てない場合もあります。

他にもきついポケモンはいますが、比較的簡単に勝てることが多いのでまだBP稼いでない人はこの構築をオススメします。

記念に

ドラフトローテ募集記事

僕自身ドラフトトリプルに参加できなかった思いが強く、春に開かれると噂されたのですが、結局なくなってしまったため開こうと思いました。
特殊ルール初運営となりますがよろしくお願いします。

【ドラフトの説明】
1. 参加者がそれぞれ使いたいポケモンを時間までに1匹指名してください。
2. 締め切り時間になりましたら指名結果を公表します。指名したポケモンが他プレイヤーのポケモンと被っていなければそのポケモンを獲得できます。
3. もし、被っていれば抽選を行います。当たった人は獲得でき、外れた人はもう一度指名し直します。
この時、もうすでに取られているポケモンは指名できません。
4. 全員が1匹獲得するまで、2~3を繰り返します。外れ外れ外れみたいに続くこともありますので時間がかかる場合が御座います。
5. 2-4を繰り返し行い、6匹獲得するまで繰り返します。
6. 獲得した6体でローテーションの対戦を行います。

注意:
使用(指名)できるポケモンはORASレーティングs17(ローテーションバトル)に準拠します。
メガガブリアスガブリアスのようにメガ進化ポケモンも非メガポケモンと同じポケモンとして扱い、重複することはできません。また、指名する際にメガ進化ポケモンと明記する必要はありません。
カロスマークは付いていなくても構いませんが、レーティングバトルで再現可能な個体・技のみ使用可能です。

対戦の見せ合い画面で区別がつき、性能が異なるポケモンは別のものとして扱います。
ボルトロストルネロスランドロスロトムミノマダムの各フォルムチェンジ
ニャオニクスの♂と♀
などが対象に当たります。
ただし、同じポケモンのフォルムチェンジを2匹以上指名することはできません。

【日程】
ドラフトを行う日
10月30日(日)21:30~
できるだけ早く終わるよう努力はしますが日を超える可能性があることを考慮の上ご参加ください。


【対戦】
トーナメント形式で行います。
もし参加人数が多ければ、3〜4人の少人数の予選ブロックを作り決勝トーナメントを行います。

日程
11月6日(日) 21:30〜

また、対戦相手に応じて個体・技・持ち物などは変更不可能です。


参加者の募集は25日の21時00分までです。
もし参加者が極端に少ない場合は、中止も考えます。

参加希望、また何か質問事項がある場合は、
twitterのDMで(@yuchamapoke )まで連絡ください。

参加者
中止

【トリプル】診断トリプル〜種族値最下位スタン〜

診断ローテの1週間後に診断トリプルに出させてもらいました。モチベが高いですね。そこで引いたパーティーがこちら



種族値が575+489+320+400+438+495=2717
となっており参加者の中で最下位でした。このパーティーは引き直しで出てきたので、引き直しするやつが悪いと思うかもしれません。では引き直しする前のパーティーを載せましょう。

700+495+250+430+455+315=2645
なんと種族値が67も上がっているのです。しかもこの構築バンギラスのおかげで種族値が引き上げられているので、バンギラスを抜くと合計が1945つまり1匹の種族値平均が400を切る凄まじいパーティーだったのです。
他の参加者にゆうちゃまさん引き直しする前のパーティーも強そうでしたよねと言われましたが、種族値を見てから言いましょうね。
種族値最下位と最下位から2番目を引いたからには(?)種族値だけがポケモンじゃないんだぞと優勝する意気込みで参加してきました。


◼︎使用構築

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ライボルト10まんボルトボルトチェンジかえんほうしゃまもるライボルトナイト
pic0おくびょうCSいかく
メガ枠
ナットレイジャイロボールアイアンヘッドタネマシンガンだいばくはつこだわりハチマキ
pic1ゆうかんHAてつのとげ
鋼枠
ピカチュウ10まんボルトねこだましフェイントアンコールきあいのタスキ
pic2おくびょうCSせいでんき
ねこだまし
イルミーゼあまごいおいかぜうそなきアンコールメンタルハーブ
pic3ずぶといHBいたずらごころ
s操作枠
アーボックダストシュートふいうちよこどりまもるオボンのみ
pic4いじっぱりHAいかく
威嚇枠
オムスターだくりゅうハイドロポンプげんしのちからまもるいのちのたま
pic5ひかえめCSすいすい
自由枠


◼︎個別解説

メガ枠のライボルト。正直トリプルで見かけないポケモンですが、診断トリプルでは当たりの部類だと思っています。高い素早さからそこそこの攻撃を打ち分けることができ、いかくで少なからず仕事をやってくれるからです。
使った感想も良く、ボルトチェンジで裏のいらないポケモンをクッションにする使い方もでき、非常に優秀でした。
相手の草ポケモンが尋常なほど重かったのでかえんほうしゃを切れずめざ氷を切ったのでランドロスが重くなってしまった原因でもあります。



このポケモンも当たりですね。詰ませ性能が高く、有利不利がはっきりしてるポケモンは構築が決まっている大会でかなり使いやすかったです。トリル対策や後述する雨展開のじゃまになる草タイプにできるだけ強く出たかったためこだわりハチマキをもたせました。非常に強かったですが、威嚇が入ると火力がそこまで出ないのでそこのケアは必須だと感じました。



はっきりいって外れ。ライボルトという電気タイプがいるのにも関わらず、2体目の電気タイプ。普通の格闘タイプが欲しかったですね。合計種族値を下げてる原因となるポケモンで実数値でh111c102しかない。悲しすぎる。味方のライボルトの邪魔になるので、せいでんきにしたのですがガルーラの攻撃を受けて相手を麻痺にさせる事案が発生。それだけなら良かったのですが、ナットレイがジャイロボールを打っていたので威力が下がり耐えられてしまう悲しい事件が起きました。



完全なるサポート型ですね。雨展開をしたかったのとs操作が欲しかったので、あまごいとおいかぜの採用を決定。アンコールを知らない人が多く、トリックルームを打った次のターンにアンコールを決めてトリックルームを変えさせるプレイングが出来たのはかなり強かったです。
ただ、耐久にしか振ってないのにスワンナにワンパンされたりと耐久がなく、攻撃技もないので一線級では戦えないんだなと感じました。



よこどり検定ポケモン。この診断大会ではどれだけよこどりを覚えるポケモンを知っているかが鍵になってくると思っています。実際過去の大会でグラエナのよこどりを知らずそのままボコボコに負けた試合も経験しており、いつもミトムによこどりを覚えさせていることからよこどりの強さは充分承知しており、いれました。おいかぜを奪うことはなかったもののワイドガードを何回も奪う活躍をしてくれました。
ふいうちもあまり読まれず、先制技はやっぱり強かったです。



構築の要。このポケモンがいるかいないかで勝ちまでの道のりへの見方がかなり変わってくれるポケモン。今回MVPとなる活躍を見せてくれたが、だくりゅう、ハイドロポンプと命中不安を採用してしまったせいでとことん外しまくってしまった。僕の精神がすり減る原因でもあったため、げんしのちからを切って波乗りに変えた方が良かったのかもしれない。



◼︎結果
まさかの4連勝でベスト3に入るところまでは調子良かったのですが、5戦目で勝ちが見えてしまい保守的になりすぎて負け、6戦目でら逆に攻撃的になりすぎて1ターンで負けが確定。コンセプトがあり非常に強かったですが、種族値の低さを補えず一つ間違えた手を取ると取り返しのつかないパーティーで面白さもありました。
4連勝したおかげもあってオポネントも高く、4-2で6位というなかなか良い結果で終わることができました。
優勝したかったですが、このパーティーでここまで来れて嬉しく思います。
運営のしっとさんや対戦してくださったみなさまありがとうございました。